不動産コラム

それぞれにあったご提案

それぞれにあったご提案

こんにちは! 山川です。

先週は、梅雨前の爽快な天気の東京でしたね!

私といえば、先週は豊洲のとあるタワーマンションをご訪問させていただきました。

 

マンションマーケットで媒介契約を結ばせていただいている売主様に、売却活動のご報告と今後の方針のご相談のためです。

今回の売主様は、ご売却依頼を頂いてから引渡まで約半年の猶予があったため、「チャレンジ価格」で始めてみませんか? とご提案させていただいたお客様。

 

3か月の媒介契約期間中に、残念ながら購入お申込みまで至る方がいらっしゃらなかったので、残り3か月の「売却戦略」のご提案に伺った次第です。

改めてお客様の、「売却希望時期」「売却希望金額」などのイメージを共有し、マンション内の成約状況、エリアの需要と供給バランス、マーケット感をお伝えさせていただきました。

詳細なデータと、自身の経験から、今回は価格改定のアドバイスをさせていただき、売主様にご提案させていただきました。

 

価格の改定は、非常にデリケートな部分です。

残り3か月という限られた時間とは言え、いたずらに価格は下げたくないし、マンションマーケットを使っていただく以上、少しでも手残りを多くして頂きたい。

ひとつひとつのデータを慎重に見て、「3か月で売却出来る、可能な限り高い金額」を探し出します。

これが、売却コンサルタントの腕の見せ所!

 

ご売却のケースは、お客様の数ほどあります。

それぞれのお客様にあった「最適」なご提案ができるよう、担当営業はもちろん、チーム全体で考えています。

 

皆様のご売却相談、お待ちしておりますね!!

 

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

マンション売却の基礎知識
Return Top