不動産コラム

手付金の受け取り方

手付金の受け取り方

こんにちは、売却コンサルタントの飯田です。

本日、城東エリアのとあるマンションのご契約手続きがあり、売主様・買主様共に無事ご調印頂くことができました。
売主様にご売却依頼を受けてから約1ヶ月でのご成約となり、スムーズに進みましたこと、担当としては大変嬉しい限りです。

さて、不動産売買においては、契約締結時に「手付金」というものが発生することをご存じの方も多いかと思いますが、本日のご契約会においても、売買代金の一部の授受が買主様から売主様に対してございました。
この「手付金」、原則は「売買契約締結時」の授受となりますが、契約会は土日が中心となりますので、受け取り方法は「現金で手渡し」ということがほとんどとなります。

売買代金の「一部」の金額となりますが、当然、マンションという高額なお取引の一部となりますので、その額も中々のものとなります。
そこで我々立会人(仲介業者)に求められる仕事は、「買主様からお預かりしたお手付金充当金に差異がないかを、間違いなく確認した上で売主様にお渡しする」ことです。

弊社でも最近は「紙幣計測器」なるものを導入し、より正確に素早く紙幣を数える道具を用意いたしておりますが、本日は社外でのご契約会でもあったため、従来通り「手数え」にて数えさせて頂きました。

売主様・買主様の面前で紙幣を数えさせて頂く際は少し緊張感もありますが、大切なご資産のお取引の仲介をさせて頂いたという、喜びと責任感を改めて感じる機会でもあります。

間違いがないよう非常に慎重に数えるため、いつもお客様ををお待たせしてしまうのですが、このブログをお読みの皆さまも無事ご成約に至った際には、慎重に数えている飯田を温かく見守って頂けますと嬉しく存じます。(本日ご契約頂いた売主様・買主様、温かく見守ってくださり有難うございました!)

それではまた!

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

マンション売却の基礎知識
Return Top